GARDEN FLATS 1階壁2階床コンクリート打設 2018/2/23

この建物の一つの大きな特徴として、躯体防水コンクリートの使用が挙げられます。躯体防水とは、固まる前の生コンクリートに混和剤を加えてコンクリートそのものに防水性能を持たせることです。建物が一つの塊として感じられるようにするために防水層や、その押え金物など余計な物が出てくることを避けました。

躯体防水について調べたところ、地下室の施工実績が多いものは何点かありましたが、地上部分についてはタケイ工業さんが強いようで採用しました。バルコニーと屋上の床面に関して保証対象となりますが、壁面にも同じコンクリートを使用しています。関西に支社が無い為、毎回コンクリート打設日に合わせて同じ方に東京から出張で来ていただくことになりました。

監督には施工の際「一発勝負で補修しないで下さい」とお願いしました。コンクリートは施工次第なところが大いにあるので、後で補修できるからと保険をかけた状態で打つとどうしても粗くなり、実際の強度が落ちることになりかねないと思います。防水性能の向上など、技術の革新でカバーできる範囲が広がることは良いことかもしれませんが、素材そのもの本来の性能への依存度が下がり、全体として考えた時にどうなのだろうという疑問が湧きます。耐用年数という指標があっても、良い物が少しでも長く生き続けるようにできるだけのことはしたいと思います。

「カッコイイこと言ってやるだけやらせてやっぱり後で補修してるやん」ってなると、施工者が無駄な労力を使わされたようになるので、担保としては信用しかないけれど、そこは絶対に裏切らないと思われるように努めます。塗り込めることのない手作業の集積としてある建物を求めています。見栄えの悪い部分が多少あっても建物トータルで見たらこれで良いという施主の理解があってこそ許されるやり方ではあります。

1階は少し不具合もありましたが、カバーできる範囲内でした。2階からは注意点が明確になり、満足いく仕上りです。





GARDEN FLATS 1階配筋&型枠工事 〜2018/2/22

1階壁から2階床まで一気にコンクリートを打設するため、鉄筋を組み型枠を建て込んでいきます。打放しコンクリートの外観として見えてくる部分が多いので、細々としたことに気を配り見て回ります。

外観として見えてくる部分は、①型枠の継ぎ目位置、②セパアナの通り、③上階との打継ぎ、❹結束線の錆、❺釘の飛び出し、❻スペーサーの調整、❼木屑の溜まり、などがあります。

①②③は考えた通りの施工が難しければ現場で相談して変更することもあります。現場を見て、イメージを損なうことなくどこまで許せるか判断することになります。今回型枠大工さんには手間と仕上がりに関して、こちらの意図することを出来るだけ汲み取ってもらい、満足する出来栄えとなりました。


❹❺❻❼はその都度自分で手を入れて整えます。❹は型枠面に結束線が触れるような状態でコンクリートを打つと、後々錆が外壁面を伝う恐れがあります。❺は型枠をバラす時にコンクリート内で固まった釘の頭が残って傷になります。❻は柱の主筋など重要な箇所の被り厚さが不足することがないようにタイミングを見て隅っこにねじ込まなければならないことがあります。❼は型枠の細かい切り屑や結束線の切り屑、釘などが打継ぎ目地部分の奥に溜まると汚れになる恐れがあります。


型枠を閉じると手の入らなくなる部分に気をつけてチェックします

もちろん工事の方々にお願いはしますが、イレギュラーなことで手が薄くなる場面が必ずあるので、先回りして自分でやっておきます。ちょっとしたことで後悔するのは非常に残念ですから。そもそも普段そこまでやらないっていうことをお願いしたりしています。


壁貫通の筒の左にスペーサーが見えます

今回スペーサーはモルタル製の物を使用しました。膨張収縮の性質が異なる樹脂製の物を使用するのは出来るだけ避けるべきだというのもありますが、感覚的に強度の劣るものを混ぜ込むのはゴミが入ったようで嫌なものです。外見上コンクリートの塊のようで実は中身は色々な物が入っているって、気になりませんか?とは言え設備配管を埋設する場合はそんなことも言ってられないのだけれど、出来る限りの事をします。


鉄筋の結束については出来るだけ全数に近付くように、最低でも千鳥とお願いしました。構造的にはコンクリートが固まった後の強度に影響ないようですが、固定が緩いと打設作業時の歩行による撓みが局部的に大きくなるので、動いた床鉄筋の下に空洞が出来たり、壁の先端で被りが不足するなど思わぬ事態が発生する可能性があります。


型枠を浮かせて立上りを作ります

特に時間がかかったのが、バルコニー部分の立上り内側の浮き型枠でした。立上りに打ったコンクリートが床へと流れ出してしまいます。また浮き型枠の下側が押されて傾いてしまうので施工中も様子を見ながらになります。

この建物は各階のバルコニーを雨水が回りながら落ちていくので、納まりをこのようにしました。打継ぎを床面に作らないことで、万一水溜りが出来ても、そこから躯体内部へ浸水する危険性を低くします。

GARDEN FLATS 基礎コンクリート 2018/1/23

コンクリート打設日の早朝に水湿しをして、コンクリートが硬化するために必要な水分が他所に吸い取られないように準備します。

写真は桟木で立ち上がりを作り、屋内と屋外の区画を分けている部分です。コンクリートは打継ぎ面からの浸水を極力防ぐことが重要です。この立ち上がり部分はピロティにあり、外郭から奥まった場所で吹き降りの影響もなく、対処として簡素なものにしています。


ミキサー車で運ばれて来たコンクリートの一部を取り出して状態を確認します。

堅さや塩分濃度、空気量を測定して、問題なければ現場に打設し、ダメなら帰って頂きます。検査はすべてのミキサー車ではないので、このコンクリートの状態を基準に品質にバラツキがないか各台チェックします。

検査の作業手順の各必要回数なども立ち会いのもと確認しています。


ぐるりと打ち回し、お昼の休憩です。この時点でだいぶ鉄筋が汚れています。鉄筋とコンクリートの付着を考えると、鉄筋に薄く付いたセメントが先に硬化してしまうのは望ましくなく、一度に一体的にコンクリートを打つことが理想ですが、現実的には難しいところがあります。ホースの筒先を動かしてコンクリートを流し込まない施工が骨材の分離を考えると理想なのですが、動かした分筒先の周りが汚れてしまいます。


ここからは床の高さまで一気にコンクリートを打設します。土間屋さんがレベルを確認しながらコンクリートの分量を調節していきます。少し時間を置いて踏み固めてから土間仕上げに入りたいところですが、実際は打設直後のタイミングで少し踏めるくらいになりました。作業の進捗に合わせて少し手間をかけるように出来たらと思います。


オレンジのジャージ姿が僕ですが、地中梁の鉄筋が入り組んだところをメインにコンクリートを突きました。骨材が詰まってコンクリートの回りが悪くなったり、空洞にならないように目視しながら徹底的に均質に打ち上がるように続けます。

現場で怪我されたら困るし、他の業者の手前やりにくさもあるかと思いますが、容認して頂いた監督に感謝しつつ、いろいろ聞いたり、お願いしたりします。

立ち上がりの鉄筋に着いた汚れをブラシで落としますが、水を切るように口を酸っぱくしてお願いします。余計な水分で重要な打継ぎ面のコンクリートの強度が落ちると問題です。鉄筋を揺すって水が加わると、鉄筋とコンクリートの付着も悪くなります。


本で読んだ限りは踏み固めや再振動締め固めで密実なコンクリートができるとありますが、一般的に実施されていないので、隙を窺いながら床に踏圧を与えることが関の山でした。

ポイントで作業の割り振りを変更して柔軟に対応できたら可能なこともありそうなので、次の課題になります。コンクリートの状態を見計らう経験が重要だし、見誤ると修正がたいへんなことになるので、事前の打合せが必要です。

コンクリートの持てる力を存分に発揮して、設備的な耐用年数を優に超える躯体の空間的な価値を高めたら、いずれ来る解体の危機も乗り越えられるのではないでしょうか。


GARDEN FLATS 基礎配筋 〜2018/1/22

墨出しした位置に地中梁の鉄筋を配筋していきます。

長く見える鉄筋も途中で圧接と言って、圧縮力を与えた状態で溶接して継ぎ足しています。鉄筋に求められる役割として、コンクリートの弱点である引っ張られた時の抵抗力があります。この継ぎ足した部分の強度が低く引っ張られてパリッと割れることがあってはならないので、外観上求められた大きさの圧接玉になっているか、また正確な位置にあるか確認します。

外郭4辺は型枠で押さえています。打ち込む最中にコンクリートから受ける圧力が大きいので、撓まないようにつっかえ棒をたくさん使って支えます。

建物の形が彫刻のような洞窟のような、あるいは遺跡のようなイメージなので、組積造の築造物のような印象になる型枠の継ぎ目の合わせ方を考えました。基礎の一部も露出するため、この時から既に型枠の割付を決めています。


基礎鉄筋の四隅の納まりです。鉄筋が引っ張りを受ける状態をイメージしてみましょう。地中梁同士の接合部であるL字型、T字型の部分に大きな力がかかって引き抜かれそうになります。


壊れないように、鉄筋の先端は折り曲げられています。この折り曲げた部分がカギ状に引っかかり、引き抜きに抵抗してくれます。その長さや、先端が飛び出ていないか(特に底部)、鉄筋相互の間隔がちゃんと開いているか見て回ります。90°真下、真上に折り曲げると先端がコンクリートから飛び出すので、ここでは扇状に角度を付けて配筋しています。

写真は鉄筋が上下とも二段になる部分で、上下各10本ずつをこれから正確に配筋していきます。


地中梁が完成したら床の配筋です。完成したところで構造設計の方と一緒に検査をして、問題がなければ次のコンクリート工事に移ります。

GARDEN FLATS 地業 2018/1/12

これから地中梁を作るための溝を掘ります。前回地盤改良を行った部分以外の土を撤去していきます。


写真は溝を掘り終えて砕石が撒かれた状態です。小型のプレートコンパクター(地面に打撃を与える手押しの転圧機)で転圧しましたが、踏み心地が柔らかく感じたので、捨てコンを入れる前にもう一度お願いしました。

細粒土ではなく砂質土なので、転圧回数を増やした方が締まります。砂の粒が更に細かい細粒土の場合は叩いても余計に悪くなることがあるので注意が必要です。

プレートは小型で頼りなく感じる転圧機ですが、砂質土には何tもある機械より効果があるとも資料にあり、土の締まり具合の判断は難しく感じます。

タンパー(プレートより重量がある)で強く転圧すると思っていましたが、地盤改良を行った部分(灰色)の断層の下部には写真のように砂質土(黄色)が露わになっており、打撃が強いと法面の砂質土が崩れるのでダメという施工者の意見でその判断になりました。


捨てコンを打ちます。短い鉄筋が地面に刺さってますが、予めテープでレベルの印を付けて目安にしていました。基礎底面の鉄筋のかぶり厚さに影響してくるので、ここでも注意が必要です。

5㎝ほどの厚さで、地中梁の墨出し(正確な位置を決める絵描き)の際のキャンバスとなります。



この工程で地面と建物の境界が完成です。

建物の下は完成後おそらく二度と見ることはないでしょうが、ゴミが混ざったりすると気持ち悪い感じがあるので、極力拾うようにします。僕は関与し得る部分の純度を上げて、鉱物のような建物を作りたい。自己満足のようだけど、そのような意識で最後まで接し続けることで何か違うものが完成する可能性があると思っています。


ココナッツチョコとヨガ 2019/2/3

アトリエカフェ岬でココナッツオイルを使ったチョコレートを作るイベントがありました。僕自身ココナッツが大好きで、最近では近所のcafe Roomで週1回はココナッツの入ったグリーンカレーを食べてます。ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲んだりしてましたが、こちらは続かず…、いろいろ使い方を聞いてみたいなと思います。

cafe Roomの近くにcocowellというお店があって気になってました。おそらくあれはココナッツ関連商品が溢れる幸せな場所だと。

今回はそのココウェルの方とヨガで毎週利用してくれてる方の合同で初めての試みのようです。人が集まるか不安もあったとのことですが、14人とお子さん2人の満席でした。

で、僕も参加させてもらいました。

高速でココナッツオイルとココナッツシュガー溶液を混ぜましたが、乳化するのに時間がかかりました。ちょっと水分が多かったのが原因かな。

それにしても楽しそう。あまりにも変化ないので途中手伝ってもらいましたが、愛しさに手渡したくない気持ちが芽生えました。


寂しい写真になりましたが、皆さんチョコを作った後は1時間ほどサロンでヨガをしていました。

サロンの簡単な利用はアトリエカフェと同額頂いてますが、ただ今、メイン(長い時間の方)で使って頂いた空間の金額で、もう一方を1時間無料でお貸ししています。

皆さんがサロンで過ごす間にチョコを冷やしつつ、お茶の準備を手伝いました。


ちなみにこちらが僕の手作りチョコです。時期的にバレンタイン前ですが、全部自分で食べる用です。最近欠かさずダッチオーブンで焼き芋を作ってて、それをスペシャルトッピングしました。想像しながら作るのがこんな楽しいのかと、最後ココナッツオイルを購入しました。


アトリエカフェ岬とサロンa Spoonful Of Sugarのご利用については、ウェブページのhttp://peninsula.xsrv.jp/pg4.htmlの方に記載しています。

GARDEN FLATS 平板載荷試験 2017/12/18

地盤改良から3日ほどで強度が出るので、荷重を加えて地盤の耐力を測ります。

平板載荷試験と言って、直径30㎝の円盤で重機を支えてどれだけ沈むかを計測します。


計画建物の重量は800t弱あります。敷地内に1㎥のコンクリートの塊が300個以上運び込まれるようなものです。これを耐圧版面積(≒建物の底面積)で割って1㎡あたりの実際の接地圧を求めます。この接地圧の数値にさらに、建物の傾き易さ、転び易さの倍率を掛けて、長期的、短期的に必要な地盤の支持力が既に算出されているので、現場で仮想的に小さい面積に置き換えて必要な支持力を超えるように試験を行います。


30分ごとに載荷圧力を段階的に加えて、その間5分刻みで変位計の数値を記録していきます。寒い中、日陰で地道な作業です。またお願いしたくなる方でした。自分もそう思われるようにと努めます。


今回の目的は、実験地盤面の長期許容支持力が長期設計支持力より大きいことを確かめることです。長期で見るのは、つまり数値上は短期の地震による転び易さより長期の沈下が気掛かりな建物という分類です。最大荷重時の沈下量は僅か0.4㎜弱で盤石な地盤を形成していました。この時点でまだ地耐力に十分余力があります。

次回は地業と言って、建物の基礎と地面の接する部分を作る作業です。

GARDEN FLATS 地盤改良 2017/12/14

遣り方と言う建物の位置を決める作業が済み、地面に青い線で地中梁の位置が描かれています。今回は浅い支持層にベタ基礎と言って分厚い板状の基礎を作ります。下駄の歯のような地中梁の底面は支持層に到達するため、それ以外の四角に区切られた線内の盛り土を改良します。

黒っぽい土が盛り土と言って支持力の弱い層です。この部分に地盤改良用の固化材を混ぜ込んで強化します。


土質調査の結果と現場全体が一致しているとは限らないので、支持層である砂質土(黄色っぽい部分)が適正な深さに分布しているか確認しながら進めていきます。この時ゴミや岩など均質な地盤を形成するのを妨げる物は手作業でも撤去します。


灰色の固化材はジオセット263と言う六価クロム溶出量低減型で、飛散しにくい物が使われています。


土と固化材をしっかり混ぜます。


バイブレーションローラーで平らに転圧します。


耐圧版(コンクリートスラブ)の下の捨てコンと砕石敷の厚み分を確保した設計高さに改良した地盤面があることを確認します。


5階建のマンションで杭が無いと不思議な感じがしましたが、建物を上から見ると正方形で外縁部に均等に荷重が掛かる壁の配置となっており、安定した建物であることも優位に働いたと思います。

GARDEN FLATS 土質調査 2016/9/28

今回、既存の建物は建設工事直前に解体する予定で、それまでの期間に庭でボーリング調査をしました。この土質のデータによって基礎の形状が決まってくるので、重要な工程です。

青いドラム缶にベントナイトという乳白色の溶液が入っています。機械で地面に細い穴を掘る際、崩れないように保護します。杭基礎となる場合、このベントナイトが使用されますが、人体に有害である物質を発生させる可能性があるため、酒造に関わる地域では基礎工事の時季を制限したり対策を取っています。


1m毎に穴を掘るパイプを引き上げては調査用の筒を取り付けます。今回は狭い場所での作業となり、手動で打撃をしました。想定した支持層の18mまで筒の接続分解を繰り返します。


最終的に非常に密な砂礫層が出てきました。30㎝貫入させるのに必要な打撃回数が60回を超えます。見ていても嫌になるくらいの作業ですが、確実性を求められる工程です。監理で立ち会わせて頂きました。汚泥の処理なども見届けて帰ります。


調査結果を元に、液状化と言って、地震時に砂粒同士の摩擦が失われて地下水と一緒に動いてしまう現象が起こらないか検討します。

今回は、依頼していた構造設計事務所によると、杭が必要ないという結果になり、灘五郷酒造組合との協議も不要で、工事時季の拘束も無くなり一安心でした。

敷地の前が神社ということもあり、おそらく古くから局地的にも安定した地盤なのだろうと思います。また阪神大震災時にも周辺と比較して被害が少なかったようです。

GARDEN FLATS 形から考える

GARDEN FLATSの工事期間中、iPadで撮っていた写真の整理がやっとついたのでまとめます。

ホントはもっとタイムリーにやりたかったんだけど…

たまたまあった端材をブロックのように組み合わせて螺旋状の形が出来た。

もちろん、それまで様々な要望があったが、施主である母の根本に「私が生涯働いて築いたものを象徴する形にしたい」という言葉があり、それを手掛かりに建築を、空間を所有することの真の贅沢さについて考えていた時であった。

価値観は時代に影響されて変化もするけど、懐かしさの中にある、当時の「あの感覚」っていう漠然とした記憶のようなものは新しい形に普遍的なイメージを寄与する手掛かりになる。それは空気をつくることだと思っている。

幼稚園から小学1年生まで住んでいた家。

このような境界の曖昧な住戸が通学路にもあって、一歩踏み込むと遊び場にもなった。

庇や塀、家として開く向き、頭の中で今想像しているものが許される在り方として、その構成の根拠というか、拠り所にした。

この屋根がひっくり返って積み重なったような塊、あるいは転じて家型を半割にしたような屋外吹抜けが螺旋状に繋がっていく様子、それらが実際の寸法、プロポーションで何を感じさせてくれるか。

また、力の伝わり方や、積み重なった時の重心など、

そして、人が入った時の状況をイメージして、何を拠り所に、人がそこにただ居ることが出来るだろうかと想像してみる。

大学の卒業設計や修士設計でテーマにした木偶の坊のような役立たずの空間が、それでも成り立つように。